〒963-8034 福島県郡山市島1丁目19-15 グレース光信101

受付時間
9:00~18:00
定休日 
水曜日

お気軽にお問合せ・ご相談ください

024-983-6545

古い空き家の売却について

築年数が経過した古い空き家の売却をお考えの皆様の中には、現状での売却と解体して更地での売却どちらが良いのだろうか?どのような違いがあるのだろうか?と思っている方もいらっしゃるかと思います。

現状のままで売却する場合と、解体して更地にして売却をする場合の違いについて説明をしてみます。

 

現状のまま売却をする

家がある状態での売却となります。中古住宅か古屋付き土地として売却活動を行います。なるべく安く購入して、自分好みにリフォームをしたい方などに一定の需要があります。お家の中や敷地内の動産物や不用品は、お引渡し前に撤去することが必要です。

売主様は、建物解体費用をかけずに売却が可能です。現状のままでの売却を条件として、買主様は購入することになります。お家の状態によっては、価格を安く(購入後のリフォーム費用・解体費用・測量費用等を考慮して)することが必要になる場合があります。

固定資産税は1月1日時点の所有者に納税義務があります。更地にすると固定資産税が高くなりますので、売却活動が年をまたぐことが想定される場合は、建物がある現状のまま売却をする方法もあります。

更地にして売却する

建物解体費用は、売主様が負担することになります。更地の状態ですと、自分で好きな家を建てたい方などに一定の需要があります。樹木・浄化槽などもすべて撤去して更地とします。

建物を解体しますので、固定資産税の軽減措置を受けられず、売却活動が年をまたいでしまった場合などは、固定資産税が高くなる可能性があります。そのようなことを理解して売却活動計画を立てなくてはいけません。

更地での売却のメリットは、建物の瑕疵の心配がなくなることです。

注意することは、地中に殻や基礎などの残存物が残らないようにすること等です。

 

まとめ

家がある状態での売却も、更地での売却の場合も注意すべきことがあります。不動産会社に現地確認をしてもらい、必要に応じて専門家に調査をしてもらうことが大切です。お困りごとがございましたらKURASUへお気軽にご相談下さい。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
024-983-6545
受付時間
9:00~18:00
定休日
水曜日

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

024-983-6545
090-5755-7262

<受付時間>
9:00~18:00
※水曜日は除く
◎携帯電話は、365日OK

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2021/06/23
ホームページを公開しました
2021/06/22
「サービスのご案内」ページを更新しました
2021/06/21
「会社概要」ページを作成しました

株式会社KURASU

住所

〒963-8034
福島県郡山市島1丁目19-15
グレース光信101

アクセス

駐車場:有

受付時間

9:00~18:00

定休日

水曜日