囲い込みとは?

友だち追加

TEL:024-983ー6545  

営業時間 9:00~18:00 

定休日:水曜日



囲い込みとは?

 

不動産会社が、より利益の多い『両手取引』を目指すため(片手取引・両手取引については▶こちら)、売主様から売却依頼を受けたお家や土地を、他の不動産会社に取り扱わせないようにすることを、不動産会社では「囲い込み」と言います。


売主様は「高く売りたい」と思い、買主様は「少しでも安く買いたい」と思いますので、要望は相反しています。これをひとつの不動産会社が同時にかなえることは困難です。


 

『囲い込み』が行われる可能性があるのは、不動産会社と媒介契約をした場合です。

 

『レインズ』(他の不動産会社が物件情報を自由に見ることが出来るシステム)に登録をしてもらい登録証明書を発行してもらいましょう。

 

レインズに登録しても他の不動産会社に積極的に幅広く告知してもらわなければ意味がありません。他の不動産会社がインターネット(ホームページや物件情報サイト)に、お客様の物件情報を掲載しているか確認をしてみましょう。(掲載されていないようであれば、売却依頼をした不動産会社に確認をしましょう)

 

お家や土地の売却活動を行う際は、明確な根拠に基づいた売却活動計画をしっかりと立て、積極的に物件情報を他の不動産会社へ告知することが重要となります。納得できる価格で早く買主様を見つけるために、信頼できる(人間性・スキル面)不動産会社(担当者)を選びましょう

 

◎私の身近な知人や友人に相談されたらどのようにアドバイスをするか?常に意識をしてお客様にご提案やアドバイスをさせていただいております。

 

KURASUは、お客様に100%寄り添いしっかりとサポートしております。